アイフル|繰り上げ返済のススメ

アイフルからお金を借りる時には、借りた分だけの金額を支払うのではなくて借りたお金に利息をつけて返済を行う必要があります。アイフルの場合の返済方式は借入後残高スライド元利定額リボルビング方式と呼ばれる方法であり、借入直後の残高に応じて期日ごとの返済額が決まっています。返済日の決め方については約定日制とサイクル制の二種類があり、その返済日の決め方に応じても返済日までに返済をしなければならない金額が変わります。約定日制を選んだ場合は、毎月の返済日を指定してその約定日までの10日間が返済期間となります。一方のサイクル制の場合は、返済日から35日後ごとに返済日となる方式であり、期間ギリギリで返済を続けていると約定日制よりも若干返済には猶予があります。そのために、借入直後の残高に応じても返済日までに返済しなければならない金額は変わりますが、サイクル制の方が約定日制よりも若干返済額が大きくなります。ただ、いずれの返済方法にしてもあくまでもそれは最低返済額が決まっているという事であり、それ以上の金額を返済できるのであれば繰り上げ返済を行う事が可能であるので、余裕がある時には繰り上げ返済を行った方が良いです。最初にも述べたように、借りたお金に利息をつけて返済をする必要がありますが、その利息は単純に金利だけで決まるという訳では無く、借入残高と借りていた日数も利息の計算には影響しています。借入残高や借りていた日数が少なくなればなる程、同じ金額を借りるのでも最終的に支払わなくてはならない利息の合計額が少なくなるのです。指定された最低返済額を指定された返済日ギリギリに返済するのは毎月の返済の負担が一番少なくて済む方法であるというメリットはありますが、同時に借りていた日数が長くなり借入残高が減るのも遅くなるので利息の支払いが最も多くなるというデメリットも出てきます。また、長期的に返済を続けていると今までにいくら返済しているのかが分かりにくく、利息が発生している事に対する意識も低くなってしまいやすいです。お金が足りないからこそキャッシングを利用するのであれば、無駄な出費は少しでも抑えるようにする方が賢い選択であるといえ、そのための方法の一つが繰り上げ返済となります。だからこそ、アイフルに限った話では無くキャッシングでお金を借りた場合には繰り上げ返済を心がけて、早めに完済できるようにした方が良いです。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

アイフル|繰り上げ返済のススメ関連ページ