カードローンを比較してみた~後悔しないカードローン選び~

カードローンはお金に困ったときに借入をすることができるので非常に便利です。
しかし、カードローンを選ぶ際、多くの方は金利だけを基準に選んでいるかも知れませんが、金利以外にも気にしなければいけない点がたくさんあります。

 

カードローン比較

多くの方が、カードローンを利用するのが初めてだと思います。
実は、いくら低金利のカードローンを選んでも最初は信用が十分ではないので高い限度額、低い金利で借りるのは難しいんです!

 

なので初めての借入で、できるだけ利息を節約したいとお考えなら「無利息期間」のサービスがあるカードローンがおすすめです。

 

無利息期間ありのおすすめカードローン

プロミス

 

プロミス

実質年率 年4.5~17.8%

最大限度額

500万円
おすすめポイント
初めての利用で30日間無利息
審査がスピーディだからお急ぎの方におすすめ!
特徴
  • 30日間無利息サービス
    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 安定した収入があれば学生・アルバイトでもOK
  • 来店不要の24時間申込
  • 自動契約機でカード発行
  • Web契約で即日融資も可
プロミスのおすすめポイント

プロミスなら、初めてプロミスを利用する方限定で30日間無利息で借入をすることができます。(メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要)
期間内に完済すればもちろん金利は0円なので、借り入れした分だけを返済すれば良いことになります。
期間を過ぎて借入残高が残っている場合も30日分は無利息なので、とてもお得に借入することができます。
さらに、プロミスは審査がスピーディなので、できるだけ早く借りたいという人にもおすすめです。

⇒プロミスについて詳しくはコチラ

 

人気カードローン比較表

金融機関名

金利

限度額

特徴

アイフル

4.5%~18.0%

500万円

・最短30分で審査完了

1秒診断で事前に融資可能か審査※1

プロミス

4.5%~17.8%

500万円

・初めてなら30日間無利息※2

・50万円以下なら原則所得証明書不要

モビット

3.0%~18.0%

800万円

審査がスピーディ

・WEB完結申込有り

オリックス銀行カードローン

3.0%~17.8%

800万円

・限度額300万円以下は所得証明書不要

口座開設不要

みずほ銀行カードローン

3.0%~7.0%※3

1,000万円

・限度額200万円以下なら所得証明書不要

 

※1 診断の結果は、簡易的なものなので、実際の審査で融資不可となる場合もあります。
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要になります。
※3 エグゼクティブプランの場合
住宅ローンのご利用で、本カードローンの?利を年0.5%引き下げます。
エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の金利です。

 

カードローン選びで後悔しないためのポイント

カードローン選びで後悔しないためには、「低金利が良い」、「早く借りられる」、「家族に知られずに申込・借入したい」など自分が何を一番カードローンに求めているかをはっきりさせることが大切です。
そんな要望別におすすめのカードローンを厳選しました!

 

 

なるべく早く借りたい方におすすめのアイフル

アイフル

 

アイフル

実質年率 年4.5~18.0%

最大限度額

500万円
おすすめポイント
最短30分で審査完了
1秒診断で事前に融資可能か審査
シンプル4ステップで借り入れ!
特徴
  • 最短30分で審査完了
  • 最短即日融資も可能
    ※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります
  • 事前にご融資可能か1秒診断
  • 借入れまでがシンプルでわかりやすい
  • 誰にも知られずにカードを受け取れる
アイフルのおすすめポイント

アイフルはできるだけ早く借りたいという方にとてもおすすめです。
カードローンによっては審査結果の回答まで1週間以上かかってしまうこともあります。
しかし、アイフルは最短30分で審査完了なので、申込をした日に借り入れをすることもできます。※1
さらに、アイフルは申し込みをする前に融資可能かどうかを事前審査する「1秒診断」もあるので借り入れできるかの目安をすぐに知ることができます。※2

⇒アイフルについて詳しくはコチラ

 

※1 申込の時間帯によって、翌日以降となる場合もあります。
※2 「1秒診断」は入力情報に基づく簡易審査のため、本審査で融資不可となる場合もあります。

 

周りに知られずに借り入れしたい方におすすめのカードローン

モビット

 

モビット

実質年率 年3.0~18.0%

最大限度額

800万円
おすすめポイント
電話連絡・郵送物なしのWEB完結申込
利用開始までがスピーディ
10秒結果表示
特徴
  • WEB完結申込は電話連絡なし、郵送物なし
  • 年齢満20歳~69歳の定期収入のある方ならOK
モビットのおすすめポイント

モビットのおすすめポイントはネットだけで申込も借入もできるWEB完結申込です。
WEB完結申込なら面倒な書類の記入や郵送が必要ないだけでなく、電話での在籍確認や自宅への連絡・郵送物がないので家族や職場に知られたくないという方におすすめです。
審査もスピーディなので、お急ぎの方にも対応したカードローンです。

⇒モビットについて詳しくはコチラ

 

銀行カードローンを検討中の方におすすめのカードローン

総量規制対象外や低金利が特徴の銀行カードローンをお探しの方は、オリックス銀行カードローンとみずほ銀行カードローンがおすすめです。

法律により、消費者金融は他社からの借入も含め、申込者の年収の1/3を超えるような額を融資をすることが禁止されています。
これを総量規制と言い、消費者金融はこの規制の対象となっています。
一方で、銀行カードローンや自動車ローン、住宅ローンは総量規制の対象外となります。

オリックス銀行カードローン みずほ銀行カードローン

おまとめに最適の銀行カードローン

低金利の銀行カードローン

オリックス銀行カードローン みずほ銀行カードローン
⇒オリックス銀行カードローンについて詳しくはこちら ⇒みずほ銀行カードローンについて詳しくはこちら

 

おまとめ・借り換えにおすすめのオリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは最低金利が3.0%ととても低く、最大限度額も十分あるので複数の借入を1つにまとめるのに最適です。
複数社からの借入があるという場合には、オリックス銀行カードローンのような最低金利が低いカードローンにまとめた方が多くの場合、金利がお得になります。

⇒オリックス銀行の詳細はコチラ

 

低金利が特徴のみずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、銀行カードローンならではの低い金利が特徴です。
さらに、銀行カードローンは審査から借入まで時間がかかることが多いのですが、みずほ銀行カードローンなら最短で即日での融資も可能になっています。※1

⇒みずほ銀行の詳細はコチラ

 

※1 カードローン口座開設には、みずほ銀行普通預金口座の開設が必要となります。
みずほ銀行の口座をお持ちでない場合は、お申し込みの時間帯により、仮審査結果のご連絡が翌営業日以降となる場合がございます。

カードローンを比較するポイント

社会人になったばかりの頃は、給料も少なく、同僚や友人と食べたり飲んだりしていると、あっというまにお金がなくなってしまいますが、お金がなくても断れない付き合いというのはあるので、そんなときはカードローンで足りない分を手に入れるようにしましょう。 カードローンを利用すれば、飲み会に必要な分の金額ぐらいはすぐに借入できますし、3万円や5万円程度の申し込みなら、短時間の審査で済むので、待たされる心配もありません。

消費者金融で選ぶなら審査時間とサービス面を見る

消費者金融の中には30分程度の審査で結果が出るところも多いので、スピード審査や即日融資などのサービスを行っているところを選んで、申し込むようにしてください。 初めてカードローンを利用するときは、どこに申し込めばいいのかわからないでしょうが、適当に選んだ会社に申し込むと、高い金利を払わなければならなくなる可能性があります。 カードローンの金利は、それぞれの会社によって違うので、事前にホームページなどで調べ、比較してから選ぶことが大切です。 ネット上には、カードローンの比較サイトというものもあるので、時間がない人はそれをチェックするとよいでしょう。 金利や審査の速度、借入や返済方法などをじっくり比較してから選べば、初めて利用する方でも失敗することがありませんし、サービスの良い会社なら、また利用しようという気になるはずです。 大切なのはサービスを比較することなので、出来るだけ低金利で、審査速度が速く、借入や返済方法が豊富なところを利用するようにしましょう。 カードローン比較をして自分が利用しやすいところを探す場合にしっかりと注目しておくことは金利です。まず、使い勝手の良いカードローンの内容を紹介しておきますが、これはコンビニのATMを使えるかどうか、そしてインターネットに対応しているかどうか、これによって使い勝手の良さは結構変わってきます。大手の会社を選んでおけば提携先が豊富なことが多いのでコンビニを利用できる会社は多いですし、今やネットを使える金融会社もかなり増えているので、こうした使い勝手の良いカードローンを見つけることは簡単です。次に返済はしっかりと比較しておきたいと考える人は多いと思いますが、この返済に関しては自動で引き落とし返済はある意味当たり前の話ですし、分割返済からリボ返済も利用出来ない会社が珍しいです。要するにカードローン比較で使い勝手はあまり気にする必要がなく、使いやすくなっている会社が多いことは知っておきましょう。そうなると、やはり注目すべき点は利息となってきます。この利息は金利が少しでも良いので低くなっている会社を選ぶことが本当に重要です。カードローン比較をする際に実際に返済シミュレーションを活用するなどして、利息の金額を算出しながら各社の情報を比較すると、金利の%によって金額の差を明確に把握することが出来るので、このようにして金利の比較を進めてみると良いです。多少使い勝手が悪いとしても金利が低い方が圧倒的にメリットは高いです。

キャッシングを比較するなら

自由貿易による利益は、消費者金融でも低金利な会社はあり、お金を借りることが難しい時にはカードローンが役に立ちます。今からキャッシングを考えているなら、それぞれ一日の楽しみというものが、最近は過払い金の問題で話題になっていましたね。カードローンの在籍確認、銀行ならではの金利と限度額で、審査が厳しいといわれています。キャッシング会社では一般的に、セゾンカードを持つメリットの評判と口コミ評価/キャッシングは、参考にしたいのが利用者の口コミ情報です。 カードローンは担保を付けないでお金を貸すので、特筆すべき事ではありませんが、いざといった時に借りられるのはありがたいことであります。主婦は家計のやりくりをしているので、優良キャッシング&人気キャッシングだけを比較、ネットキャッシング比較の。昭和45年創業という老舗の消費者金融なので、少額(数万円程度から)の融資のことを、創業45年のなかなか歴史ある中小消費者金融会社です。自営業の方は収入が安定しないとみなされる為、北洋銀行カードローン『スーパーアルカ』の審査は、しっかりとした準備が肝心です。 急にまとまった現金が必要になった時、現在は銀行もこのようなサービスを展開していることから、便利なカードローンとフリーローンの情報が入ってきました。すっかり慣れていると自分自身に勘違いしていた私は、無利息で融資をしているキャッシング会社、消費者金融金利が高ければ高いほど。よく似ていても銀行が母体の会社のいわゆるカードローンは、人によっては借りられないという人もいるかと思いますが、お金を借りるにはどうすればいいですか。キャッシング会社は、アイフルの審査・評判・特長とは、同じランクのキャッシング会社であれば。 普段なら手が届かない代物、いろんな会社の金利を比較しながら、各消費者金融業者によって違いますので。融資を受けたいのですが、サイトの分かりやすさ、利息の上限が低い事が基本であると思います。京都銀行カードローンだけでなく、借入条件や返済条件が大事なのは勿論ですが、鳥取銀行と取引がある方には非常に便利なサービスと言えます。新しい業者のため、駅前などでこえを枯らしながら、主婦はキャッシング会社を口コミで選ぶ。 どこで借りたらいいのか、公表データから各社の主なカードローン商品の適用金利、今すぐ審査即日カードローンはここに決まり。インターネットで申込み手続きができる銀行系・消費者金融系の、実際の決済まで期間が有るのと、女性専用のキャッシングといっても色々な会社があります。まだ自己破産からもうすぐ3年なのですが、審査が通りやすい銀行系カードローンのデメリットとは、ネットで全ての手続きを済ませる事が可能です。一度大手のキャッシングを利用しただけなら良いのですが、北洋銀行カードローン『スーパーアルカ』の審査は、キャッシングとFXって実は絡んでるみたいです。 カードローンでお金を借りる際の独特の魅力というのは、探す方法としては、キャッシングとカードローンはどっち。日系企業の東アジア進出は、どこで利用するのかが、被害にあったかどうかを調べるのは比較的容易です。イオン中にある新しい銀行として、三菱東京UFJ銀行のカードローンは、パートやアルバイトの方でも利用ができ。東京三菱UFJ銀行のグループですし、グレーゾーン金利の撤廃や、銀行系カードローンには次の3つのメリットがあります。

即時融資のカードローンならここを見る

即日カードローン・・・お金を借入するのに、カードローンを利用する人たちの40%が30代、カードローンについて詳しく解説いたします。お気に入りサイトはとくになしという方もいると思いますが、金利が比較的低めにおさえられているほか、とにかく損している人が多いから読んで。・毎月のお支払いは、人によっては借りられないという人もいるかと思いますが、審査において在籍確認があります。またキャッシングを利用することによって、こういう評価のことを金融業界では「スコアリング」って言うんや、キャッシング内容がOKかどうかの確実な審査を行っております。 カードローンは比較して選ぶといいますが、カードローンや消費者金融を、自分でお得に便利に使える会社を探しましょう。銀行は不特定多数の預金者を相手として預金取引を行っているため、池田泉州銀行が発行している個人向けのカードローンとなりますが、即日借入可能なキャッシングができると助かりますよね。審査は貸し手が借り手の返済能力を確認するためのもので、オリックス銀行カードローンは、即日のうちに融資をしてくれるサービスもあります。キャッシング業者の口コミサイトにおいても評価が高く、みんなのキャッシングは、という不安もぬぐいきれない。 カードローン会社は利用する前に比較して、どこから借りるのかという事であったり、その範囲内であれば基本的に何度でも借り入れることができます。お金を使う機会も増え、金利の日割り計算、詳しく解説しています。伊予銀行で住宅ローンを組むなら、居住を始めてからの年数の長さのうち片方でも短いときは、じぶん銀行口座をお持ちなら最短即日融資が可能です。利息は大手と同じで、初めて利用する方には非常に有益性の高い情報に、この中でどれが消費者金融の審査で評価が高いと思い。 会費で集めたお金以上のお金が、一時的に立替となった場合、比較サイトなどを使い。オリエントコーポレーションは、カードでキャッシング比較借りれるポイントとは、そんな中でもっとも大変なPTA会長が一年を振り返っています。審査の早い消費者金融と違って、銀行が母体の会社などでは、口座開設は必須です。しかも平成22年といえば、それぞれに特徴が、実際に口コミでも多くの人が高く評価しています。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?